スマートに英語が話せるようになりたい 英語を話すための勉強法について

英語
スポンサーリンク

英語が話せるようになる場合、一番は羞恥心を捨て間違ってもいいからとにかく英語で話すということが重要です。

その点でいえば英語を使わざるを得ない状況に身を置くことがベストです。
それでは英語を話せるようになるためにどんな勉強をしていけばいいのか、詳しくみていきましょう。

会話以外にも英語を勉強したい人はいますよね。
英語の学習は目的によってやり方が違う 目的別勉強法という記事で紹介しているので、あわせてご覧ください。

スポンサーリンク

完璧な英語を話そうとするのをやめる

日本人にありがちなのが、頭の中で一度文章を構築して完璧な文章にしてから口に出すというものですね。
わたしも初めのうちはそうでした。

間違った英語で話すと恥ずかしいみたいに思いますよね。
すごいわかります。

会話の場合、伝わることが一番です。
恥ずかしがってもじもじしてたら、いつまで経っても話ができるようになりません。

トライ&エラーで、まずは口に出して英語を話すことに慣れる。
そのあとに徐々にSVだけの文章から目的語や補語をつけて文章っぽくしていくというのがいいと思います。

そのため、とにかく英語を話さなくてはいけない環境に身を置くことは大切です。
ある程度スケジュールが固定されている場合、ネイティブとの英会話教室に通うのは個人的にはいいと思います。
授業中は一切日本語は話さないというところがいいですね!

ネイティブのような発音を身に着けるには

  • 英語は伝わるけど、発音が日本人っぽい
  • かっこいい英語を話せるようになりたい

そういう人は多いと思います。
かくいう私もそんなことも思う一人です。

まずはとにかく英語を口に出して相手に伝えるということが大事ですが、次の段階で、発音をよくするというのがありますよね。
発音練習はとにかくネイティブを真似するということが一番です。

発音の練習方法はいくつかあります。

  • ステップアップ練習
  • シャドーイング
  • レシテーション

ステップアップ練習

ステップアップ練習はその名の通り、発音の練習をする長さを徐々に長くしていく練習です。

単語→フレーズ→文と難易度を上げていって練習します。

まずは単語をネイティブっぽく発音できるようにします。
その後、例文などを使って短いセンテンスでいえるように練習します。
最後にその単語を含む文章で練習をしていくという方法です。

シャドーイング

中学校や高校の英語の授業でもやったことがある人は多いんじゃないでしょうか。
シャドーイングは音声を聞いて、その聞き取った音声を自分で口に出すという方法です。

  1. はじめは流れてくる音声を文章を見ながら聞く
  2. 次に文章を見ながら流れてくる音声を聞いて自分の口に出す
  3. 最後に文章は見ないで、流れてくる音声だけを聞いてそのあとに自分の口に出す。

という流れになります。

すでに知っている内容で練習するのがおすすめです。
YouTubeやTED Talksを活用するといいですね。

レシテーション

レシテーションはプレゼンやスピーチを暗唱するトレーニングです。

1分以下ぐらいの短い文章がいいですね。
特に有名なスピーチなどの抜粋がyoutubeなどで見ることができるので、これを使うといいでしょう。

洋楽を真似る

もしあなたが洋楽好きなら洋楽を真似するのもありです。
ちなみに私も音楽好きで、好きな歌を歌えるように真似しています。

はじめっから難しい曲を選ぶと挫折するので、あまり難しい曲にチャレンジするのは慣れてからにしましょう。

私のようにいきなりLINKIN PARKのFaintとかやろうとすると痛い目に合います

英会話を学ぶためのおすすめアプリケーション

英会話教室に通うこともいいですけど、やっぱりなかなか通う時間が取れないという人も多いですよね。
そういう方にはスマートフォンのアプリが便利ですね。

私も普段はスマートフォンのアプリで移動中とかに練習していることが多いですね。

外資系エンジニアが使うおすすめ英語学習アプリまとめという記事で私が使っているアプリを消化しているので、ぜひあわせてご覧下さい。

その他英語学習に関する記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました