Move To EarnアプリWalkenの遊び方解説

仮想通貨
スポンサーリンク

Move To Earnという運動して稼ごう!というアプリが色々とリリースされています。
Walkenというアプリも仮想通貨を稼ぐことができるアプリです。

WalkenはCAThletesと呼ばれるキャラクターをCompetitionで相手と競わせ、勝利すると仮想通貨であるWLKNがもらえます。

このCompetitionの要素とCAThletesを育てるために歩数が必要になります。

ただ、Walkenに関しては歩数が全てではなく、いっぱい歩いたらいっぱい稼げるというわけでもないという点に注意が必要です。

そんなWalkenの遊び方について紹介していきます。

スポンサーリンク

Walkenでの仮想通貨の稼ぎ方

WalkenはMove To Earnという運動することで仮想通貨を稼ぐことができるサービスです。
ですがWalkenの場合は運動量が直接稼ぎにつながるわけではありません。

WalkenはCompetitionで自分のCAThletesを相手と競わせて、勝利することでWLKNを獲得することができます。

CompetitionはCAThletesのレベルに応じてLeagueが分かれています。
高いレベルのLeagueに参戦すれば、勝利したときのWLKNの報酬も高くなります。

CAThletesの能力にはStrength,Stamina,Speedの3つの能力があります。
この3つの能力の中で一番高い能力が有利に働くConpetitionを選ぶことで勝率を挙げることができます。

残念ながらCAThletesの能力は自分で選んで決めることができないため、基本的には運任せです。
レベルを上げたときの能力の割り振りなんかも存在しないので、どの能力がどれだけ上がるかみたいなのも運任せになります。

CAThletesの能力を上げる外的要因はアイテムを装備させることです。
アイテムはMaketplaceから購入することになり、WLKNかSOLで購入可能です。
初期投資ができる人はアイテムを装備させられるので勝率がぐっと上がります。
勝率が上がればWLKNをゲットできる量も増えるので、まずは勝てるように初期投資だ!というのも一つの手ですね。

もちろん初期投資は難しいという人もいると思います。
そんな人は頑張って歩くことで勝率を上げることができます。

CompetitionはCAThletesの能力だけではなく、歩数も加味されます。
そのため、能力が低くても歩数によって大逆転が可能です。
ただ、アイテムをいっぱい装備しているような状態ではいくら歩数に差があっても勝てないケースは出てくるので、そういう人に当たったらあきらめましょう。

Walkenの歩数の影響

WalkenはMove To Earnという運動することで仮想通貨を稼ぐことができるNFTゲームです。
ですがWalkenの場合は歩くこと=稼ぐにはなりません。

WLKNを稼ぐのはあくまでもCompetitionで、歩数はそのCompetitionを有利にするための一要素になります。

また、歩くことでGEMがもらえます。
このGEMは1000歩で1GEMもらえますが、使い道が限られていて基本的にはCAThletesのレベルアップでしか使いません。

レベルアップにはこのGEMとWLKNが必要で、初期投資をしないのであればレベルアップに必要なWLKNをためるまでに結構なGEMがたまるので、基本足りなくなることはありません。

このGEMがMaketplaceとかでも使えるようになると嬉しいんですけどね。

Competitionでレベルが高いほどWLKNが貰える額は上がりますが、レベルが低いとCAThletesの能力も低く、歩数の影響力が大きくなります。

個人的にはあまりレベルは上げずに低い状態で歩数で勝負していく方が勝率が上がるとおまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました