歩いてキャラクターを育てて仮想通貨を稼ぐ Walkenとは

仮想通貨
スポンサーリンク

何かと話題のMove To Earnという運動することで仮想通貨を稼ぐことができるサービスがあります。
そんなMove To Earnのアプリの一つがWalkenです。
もしMove To Earnってよくわかってないなぁという場合は"Move To Earnとは 移動や運動で仮想通貨を稼ぐ方法"を参考にしてください。

Walkenは歩くことでCAThletes(キャスリート)と呼ばれるキャラクターを育ててCompetitionsで勝つことで仮想通貨をもらうことができます。

歩数以外にもCAThletesの能力で勝てたり、能力が低めでも歩数によって勝てたりとただバトルするだけではないのも良いですね。

CAThletesは初めに一体もらえるので、初期投資もいりません!
初期投資が必要なMove To Earnも多いので、費用はかけずにMove To Earnを始めたい!というひとにおすすめです!

それではWalkenについて詳しく紹介していきます!

スポンサーリンク

仮想通貨はバトルに勝たないと貰えない

Walkenは歩いて仮想通貨を稼ぐMove To Earnというサービスですが、運動量が仮想通貨の取得に影響しません。

仮想通貨はCompetitionで自分のキャラクターであるCAThletesを相手と競わせて勝利することでもらえます。

そのため、ただ歩くだけでは仮想通貨はもらえないんですね。
その辺りが他のMove To Earnのアプリとは違います。

最低20WLKNから換金可能 

Walkenで稼ぐことができる仮想通貨はWLKNという通貨になります。
このトークンはBYBITに上場しています。
引き出しは最低20WLKNからとなっています。

WLKNをゲットできるCompetitionにはCAThletesのレベルに応じてランクがあります。

レベルが低い状態ではLeague1しか参戦することができず、一回勝つと0.1WLKNが獲得できます。

20WLKNって引き出すまでに結構良心的な設定じゃない!と思うかもしれませんが、はじめのうちはなかなか20WLKNでも貯めるのが大変です。

レベル10以上になると1回勝てば5WLKNとか稼げるようになりますけどね。

BYBITにて上場している

WalkenでゲットできるWLKNはBYBITというプラットフォームに上場しています。
残念ながら日本の仮想通貨取引所では扱っていません。

そのためWalkenでWLKNを貯めても、直接日本円にして引き出すことは出来ません。

BYBITから国内の仮想通貨取引で取り扱っている通貨にコンバートします。
そこから日本の仮想通貨取引所に送金して日本円に換金するという手順を踏むことになるので注意しましょう。

Walkenの始め方

WalkenはGoogleやApple、Facebookのアカウントを持っていればすぐに始めることができます。

他のMove To Earnと違って、登録すると初めにCAThletesがもらえるので初期投資がかからない点も魅力です。

だいたいMove To Earnっていうと最初にNFT買ってからじゃないと稼げるフェーズにならないってこともありますからね。

始め方は簡単で、10分ほどで始めることができます。

  1. アプリのダウンロード
  2. アカウントの作成
  3. ルールの確認
  4. ウォレットの作成
  5. CAThletesの取得
  6. ヘルスケアアプリとの紐付け

たった6ステップで始められちゃいます!

詳しい始め方は"Move To Earnアプリ Walkenの始め方解説"で紹介しているので、早速始めてみましょう。

Walkenの遊び方

Walkenの遊び方は至ってシンプルです。

  • 歩く
  • Competitionでバトル

たったこれだけ!
Competitionでバトルするには体力を回復しないといけません。

あまりゲーム性が高いアプリじゃないので、そのあたりを期待している人にはちょっと残念だと思います。
ですが、ただの作業というかルーティーン化してポチポチと仮想通貨を稼ぐには持ってこないなので、スキマ時間を見つけてどんどんかせいでいきましょう!

詳しい遊び方については"Move To EarnアプリWalkenの遊び方解説"を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました