家庭用レーザー脱毛器 triaの使い方とレビュー

自己啓発
トリアビューティー_4XMENS

脱毛に興味はあるけど痛そう
お店でやるのはお金がかかるし恥ずかしい

そんなあなたに試して欲しいのが家庭用のレーザー脱毛器triaです。

triaは男女問わず使うことができるのでカップルやご夫婦2人で使えるので経済的!
うちも妻が買ったものですが、私も使っています。

お店よりも時間はかかりますが手軽に脱毛できるのがいいです!

triaの詳細を紹介しているので参考にしてください。

この記事ではtriaの使い方と実際にどのくらい効果があるかを紹介します!
トリア(tria)公式サイト

使い方について

triaの使い方は簡単です。
電源を入れて脱毛したい部分に当てるだけ。

当ててから1秒ほどでピッという音と共にチクリとした刺激があります。

電源と充電

triaは充電式です。
充電器がついているので、付属の充電器で充電します。
端子は本体の底にあります。

充電中は正面のLEDが下から上に点灯していきます。
充電が完了すると3つのLEDが点灯します。

正面の電源ボタンを長押しすることで起動できます。

設定について

レーザーの強さは3段階です。
弱いほど痛みは少ないですが、効果も弱いので脱毛までに時間がかかります。

強くするほど痛みも強いですが、脱毛効果も高いです。
また毛が太いほど痛みは強いです。

産毛のような細い毛だとそんなに痛くない+早めに脱毛ができます。
ヒゲのような濃い毛は痛いし脱毛まで時間がかかってしまいますよ。

強さの調整は簡単で電源ボタンを押すごとに強さが変わります。

1→2→3→1→2→3→1•••と繰り返していく感じですね。
写真の状態は1なので一番弱い状態です。

好みの強さに調整して脱毛しましょう。

triaのあてかた

レーザーが照射される部分は先端の中心部分、内側の円の中です。
これより外の部分には照射されないので、注意してください。

この内側の円の部分を脱毛したい部分にあててあげます。
広範囲脱毛する場合は一度皮膚から離して、当てる部分を少しずらしてもう一度肌にあててあげます。

脱毛時の痛みについて

痛みは店舗でやるよりも痛くないらしいですが、ヒゲを脱毛する時は皮膚に針をチクッと刺されたような痛みがあります。

濃い毛を脱毛する時は保冷剤などを脱毛したいところに当てて冷やしてからtriaを当てると痛みが和らぐのでぜひ試してみてください。

電池もち

強さを最大にしておくと10分ぐらい当ててると電池切れになってしまいます。

弱いほど電池のもちも良くなります。

一回で全身当てることはできないので、部位ごとに数回に分けて脱毛していくような感じになります。

脱毛効果について

私の汚らしいヒゲの写真で申し訳ないですが、どのくらい脱毛効果があるかレビューしていきたいと思います。

脱毛前はこんな感じ。

ヒゲを剃ってtriaを口ヒゲと顎ヒゲの両方に当てています。

その後1週間放置するとこんな感じ。

一回で脱毛できる範囲はそんなに広くないですが、明らかにヒゲが伸びるスピードは遅くなりました。

そして脱毛できた毛はポロッと抜ける感じですね。

そこからさらに脱毛して1週間後がこんな感じ。

口ヒゲはかなり薄くなりましたね。
顎ヒゲはしつこいです。

脱毛する目安は2週間に1回とのことです。
私の写真は週1ペースでやってみた結果です。

古い角質が新しい角質に押し上げられるタイミングで毛根が死んだ毛が抜けるって言うメカニズムらしいんですけど、それが2週間かかるからってことのようですね。

個人的にも結構肌へのダメージもあるので、2週間に1回は妥当かなと思います。

週1ペースでやってもヒゲの脱毛が完了するのは2ヶ月ぐらいはかかりそうです。

ただ、ヒゲは薄くなってますし、伸びるのも遅くなっているので確実に効果はあります。

家で脱毛したいなら確実に脱毛できますよ!
トリア(tria)公式サイト

トリアビューティー_4XMENS

コメント

タイトルとURLをコピーしました