安定した利回りが期待できる 不動産投資とは

不動産
スポンサーリンク

不動産投資は誰しもが1度は憧れたことがあると思います。
家賃収入を得て、会社に縛られず趣味に講じたりという青写真を描いたことがあなたもあるんじゃないですか?

ですが不動産投資というとお金がかかるイメージですよね。

なにも物件を買って貸し出すだけが不動産投資じゃなくて、他にも種類があります。

  • 不動産のオーナーになる
  • 不動産投資信託
  • 不動産特化型クラウドファンディング

家賃収入を得る方法は1つだけじゃないってことですね。

この記事を読めば、あなたも家賃収入を得るヒントが見つかりますよ。

スポンサーリンク

不動産のオーナーになる

やはり不動産投資の王道といえば実際に物件を購入して、家賃収入を得ることでしょう。

物件を買うことになるので、ある程度まとまった資金が必要になります。
そのため、まだ原資が少ないサラリーマンや学生では始めにくいというのが大きな欠点ですね。

そのかわり実際に不動産を購入して運用しようとする場合、REITやクラウドファンディングと違い金融機関が融資をしてくれる場合があります。

しっかりと事業として認められているわけですね。

もちろん融資してもらうためには、あなたの信用とある程度の原資、事業計画などいくつかのハードルはあります。
ただ、他の2つに比べると大きな金額が動き、うまくいけば家賃収入に売却益などの大きなリターンをあることが可能です。

REIT

REITは不動産に特化した投資信託で、証券を買うことでその分配金を貰えます。
これが家賃収入になるということですね。

証券を購入するので、株と同じように証券会社に口座を開設する必要があります。

証券なので売買が簡単ですぐに売り買いすることができます。
そのため値動きが他の2つよりも激しく、安定して家賃収入を得たい!と考えている人にはストレスかもしれません。

リスク分散のために資産の何%かは不動産に投資したい!という人に向いていると思います。

REITについて詳しく知りたい方はこちら

不動産特化型クラウドファンディングサービスの利用

クラウドファンディングは色々な人からお金を出資してもらい、そのお金を元に物を作ったりサービスを展開するサービスです。

不動産特化型クラウドファンディングは文字通り、不動産限定のクラウドファンディングです。
皆さんから集めたお金を元に不動産を借りたり、不動産投資をしている会社に貸付たりして利益をあげて、その利益を投資してくれた人に還元します。

クラウドファンディングは実際に不動産を買うよりも安く不動産に投資をすることができます。

また、REITは価格変動が激しいですが、クラウドファンディングは実際の物件が対象なので、値動きが小さく安定しています。

なんかお金を集めて投資すると聞くと騙されそう!と思うかもしれませね。
不動産特化型クラウドファンディングには投資家を守る仕組みもしっかりあるので心配はいりませんよ!

不動産特化型クラウドファンディングについて詳しく知りたい方はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました