不動産特化型クラウドファンディングとは

不動産
スポンサーリンク

通常の不動産投資はアパートやマンション、ホテルのオーナーになることで家賃収入や運営による利益、売買益を得ることで利益を上げます。
初期費用としてある程度まとまったお金が必要なので、融資を受けられないとハードルが高いですね。

その点REITとクラウドファンディング型は元手がなくても始めやすいのが特徴です。
ただ、REITはクラウドファンディング型と同じで始めやすいが証券を買うことになるので値動きが激しくなってしまいます。
クラウドファンディング型は1万円から投資できるものが多く、始めやすいうえに値動きがREITほど激しくないので安定している。

不動産投資の初心者や、実際に不動産を購入する元手がない人には、不動産特化型クラウドファンディングはおすすめです!

スポンサーリンク

投資家を守るための仕組みができている

現物のアパートやマンションへの不動産投資でよく聞くのが、高齢者を狙って高利回りだからどうのこうのという詐欺まがいのお話です。

不動産投資には興味あるけど、よくわからないし騙されそう
あなたもそんな理由でためらっているはいませんか?

クラウドファンディング型のサービスは投資家を守る仕組みがしっかりとできているものがほとんどです。
主には次の2つの仕組みが取られています。

  • マスターリース契約
  • 優先劣後方式

マスターリース契約

マスターリース契約は物件を丸々借り上げるマスターと間接的にその物件を借りるサブリースの2つの契約からなります。

サービスを提供している会社がマスター
あなたのような出資者がサブとなります。

マスターが大元の物件をかり、出資者は出資金に応じた家賃収入を得るという仕組みになります。

優先劣後方式

優先劣後方式はサブリース側が優先出資者、マスター側が劣後出資者となります。

不動産は価格が上がることもあれば、下がることもあります。

家賃収入や売買益で得た利益を優先出資者にそれぞれ分配していき、余った分は劣後出資者が貰います。
利益がでなかった時は残念ながら、どちらも利益は受け取れません。

優先劣後方式のいいところは物件の価値が下がってしまった時です。
物件の価値が下がった分は劣後出資者側から先に下がっていくようになっています。

例えば1000万円の物件があったとします。
あなたのような出資者が出した資金が800万円
大元の会社が200万円を出して購入した物件が200万円価値が落ちたとします。
すると会社側がまるっと200万円損して、みなさんには影響がないというものです。

このように出資者を守るような仕組みがしっかりとできています。

少額からはじめられる

不動産投資といったらなんといってもお金がかかるというイメージですよね。

自分の家だってなかなか買えないのに、人に貸す家なんて買えるか!
って感じです。

もちろん不動産投資を事業として行なっていれ融資を受けることもできるので、全く手が届かないわけではありません。
でもめちゃめちゃハードル高いですよね。

クラウドファンディング型のいいところはほとんどのサービスで1万円から投資することができるということです。

飲み会2回分ぐらい我慢すれば家賃収入が得られるようになるってことです。
もちろん1万円では家賃収入で生活!サラリーマンなんか辞めてやるぜー!というほど家賃収入は得られません。
でも給料以外にお金が入ってくると思うとすごくないですか?

エリアや物件がどのサービスを使うかによって違う

クラウドファンディング型のサービスも色々種類があります。

サービスごとにエリアが違ったり、物件が違うのでこのサービスのこの物件がいい!
こっちのサービスのこの物件もいい!

といった具合に色々な物件を見ることができます。

もちろん1つにまとまっていた方がいっぺんに見れて楽なのに!と思う人も多いとは思いますが。
ただ、自分が気にいる物件がそのサービスにあるかはわかりません。

クラウドファンディング型のサービスは登録自体は無料のものばかりで、出資するまでお金はかかりません。
そのため、気に入った物件にだけ出資してあとはみてるだけーみたいなこともできます。

主な不動産特化型クラウドファンディングのサービス

主なクラウドファンディング型のサービスを紹介します。

A Funding

業界でも最低水準の運用費となっており、GMOあおぞら銀行を使うことで手数料なども抑えることができます。

不動産自体の説明だけでなく、運用状況についても細かく開示してくれるので、初心者には安心のサービスです。

CREAL

これまですべての案件で想定通りの利回りを実現してる、非常に堅実なサービスです。
当然元本保証があるわけではありませんが、実績が十分なので堅実に投資したい方におすすめです。

運用資産額も業界No.1となっていて、安心して運用できるサービスですね

OwnersBook

国内初の不動産特化型クラウドファンディングで2014年からサービスが開始されています。
すでに100を超える案件に投資を行っていて、実績は申し分なしです。

投資のタイプも貸付型とエクイティ型の2種類から選べるのも特徴的です。
少し大きい金額を投資したければOwnersBookなら選択の幅が広がりますね。

ちょこっと不動産

ちょこっと不動産は他のサービスに比べると少し後発な部分はありますが、その分他のサービスのいいところをしっかりと網羅しています。

1週間ほどで会員登録まで終わるので、非常にスムーズに投資することができます。

ぽちぽちFUNDING

非常に手軽に不動産投資ができるのがぽちぽちFUNDINGです。
1口1万円から投資ができるので、サラリーマンでもちょっと飲み会を我慢すれば家賃収入をえることができるようになります。

人気の案件は抽選になる可能性もありますが、その分人気のサービスということですね。

すべて無料で会員登録ができ、お金もかからないので気になるサービスにはとりあえず登録しておくと気に入る案件に出会える確率もあがりますよ!

クラウドファンディング型のサービスはどんどん新しく出て来ているので、順次追加していきます。

まとめ

不動産特化型クラウドファンディングサービスは不動産投資初心者におすすめのサービスです。
資金も少なくはじめられて、値動きも激しくなく運用はプロが行ってくれます。

お小遣いの範囲でもはじめられるので、不動産投資をしてみたい!という方はやらないともったいないですね。

投資家登録は無料で行うことができるので、まずは気になるサービスの投資家登録をしてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました