サラリーマンでも簡単に家賃収入が得られるようになる 不動産投資信託のREITとは

不動産
スポンサーリンク
  • 不動産投資はお金が必要だから手が出せない
  • 不動産投資に興味はあるけど騙されそうで怖い

そういった方におすすめなのがREITです!

REITは不動産を対象にした投資信託で、株式投資と同じように証券を売買します。

証券なので実際に不動産を買うよりも遥かに安く、簡単に購入することができるのでサラリーマンでも簡単に家賃収入を得ることができますよ!

これから家賃収入がほしい!と思っているあなた!
この記事を読めばREITがどういうものかわかり、家賃収入を得るヒントが見つかりますよ!

スポンサーリンク

不動産に特化した投資信託がREIT

REITとはReal Estate Investment Trustsの頭文字をとったもので、日本語にすると不動産投資信託となります。

投資信託とは、投資家の人たちから集めたお金を使って代わりに専門家が運用します。
その運用で出た利益を投資家の人たちからへ還元し、専門家は手数料をもらうという仕組みです。

不動産投資信託はその投資対象が不動産に特化しているというわけですね。

もちろん手数料を取られるので、それが嫌なら自分で運用してくれって話ですが、投資の素人がどこに投資したらいいかもよくわからないし利益が出るかもよくわからない。
じゃぁ多少お金払ってもいいからプロに任せちゃう!というの基本スタンスですね。

ホテルやリゾート施設、オフィスなどREITによって投資対象が違う

不動産投資というとアパートやマンション経営というイメージが強いかもしれません。

退職金とかを使って普通のサラリーマンだった人が買える物件というのがその辺りなだけで、不動産の投資対象はオフィスビルやホテル、リゾート施設など実はいっぱいあります。

普通のサラリーマンがそういった施設を買おうと思うと相当ハードルが高いんですけど、実はREITなら簡単に投資できちゃいます。

もちろんオフィス型、ホテル型に特化している商品を買えば、リスクが分散できずに暴落した時のダメージはでかいです。
ただ色々な物件に投資ができる点で、REITは魅力的ですね。

海外の物件も手軽に購入できる

金融商品であるREITの最大の魅力は日本にいながら海外の不動産にも投資ができることではないでしょうか。

実際の物件を買おうと思ったら現地に赴いて、物件を見てと細かな手続きまではわからないですけどとても手間がかかります。

国によっては外国籍の人は物件が買えないみたいなところもありますしね。

それがREITであればネットからちょちょいと購入できちゃうわけですよ!
もちろん現地にいないとわからないリスクとかはありますけどね。

それでも海外の不動産に簡単に実際の物件を買うよりも遥かに安く投資できるのはすごく魅力的ですよね!

組み合わせ次第ですぐに毎月家賃収入が得られる

例えば日本のREITでONE ETF東証REITという商品があります。
これは東証に上場しているREIT全銘柄を対象指数とするETFで、ようは日本の物件全部に関連したREITです。

このREITは3ヶ月に1回、1月と4月と7月と10月に分配金が支給されます。

他に2、5、8、11月に分配金が支給されるREIT
3、6、9、12月に分配金が支給されるREITを購入すればあなたは毎月家賃収入をもらえることになります。

1株2000円前後で10株から購入することができるので、10万円あればREITで毎月家賃収入を得ることができるようになるわけです。
もちろん10株じゃ毎月もらえる金額は少ないですけどね。

それを徐々に大きく育てていくわけです!

値動きは実際の物件に比べると激しい

REITは証券なので、実際の物件に比べるとものすごく売られたり買われたりを繰り返します。

そのため実際の物件や不動産特化型クラウドファンディングに比べると値動きが激しいです。

先程例に出したONE ETF東証REITでいえば2021年では
最安値が1793円、高値が2199円と1株で400円ぐらい金額が動いています。

上がった下がったで一喜一憂していると売り時を逃したり、買い時を逃したりして結果的に全然利益が出ないということもあります。
この辺りは普通の株と同じなので注意が必要ですね。

値動きに左右されないように自分でしっかりと売買の基準を作っておく必要があります。

REITへの投資方法

REITは証券を購入することになるので、株と同じように証券会社から購入できます。

証券会社は実店舗をかまえているものも有れば、ネット証券もあります。

ネットがどうしても苦手だ!という人以外は基本的にネット証券がおすすめです。

実店舗よりも手数料が安く、お得に投資することができます。

証券会社に口座開設をして早速REITに投資をしてみましょう!

証券会社の比較>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました