PayPay証券(旧One Tap BUY)の各種手数料はいくらか

投資
スポンサーリンク

@やっちょです。

スマホ証券【One Tap BUY】は私たち初心者個人投資家やあまり投資に回す資金がない人でも、日本やアメリカの大手企業への投資を簡単に最低1000円から行うことができる夢のようなサービスです! ※2021年2月1日よりOneTapBUYはPayPay証券に名称を変更しました。

通常は1株の金額×単元株数が必要になるので、大手有名企業の株を買おうと思ったら数万円から数十万円もかかってしまいます。

そうすると私たちのような初心者ではなかなか手を出すことができませんでした。 しかし、PayPay証券を使えば簡単に株主になることができてしまいます! そんなPayPay証券ですが売買するときなどに手数料がかかってきます。

大手ネット証券などと比べてもそれほど大きな差はないのですが、取引金額が大きいとネット証券の方がかなり安くなるケースがあるので注意が必要です。

PayPay証券は少額での売買に向いているという風に認識をしておきましょう!

PayPay証券がどのようなサービスか、どんな人に向いているかをこちらの記事で解説しています。 よければ参考にしてみてください。

PayPay証券(旧One Tap BUY) お小遣いの範囲で自分の好きな株が買えるおすすめ証券
@やっちょです。投資を始めるにあたって、少ない金額でとりあえず始めてみるというのが非常に重要になります。初めから結構な金額をいきなり運用し始めようとする人が結構多いんですけど、残念ながらほとんどの失敗してるんじゃないでしょうか。みなさん例え

スマホだけで1,000円から投資【One Tap BUY】

スポンサーリンク

PayPay証券の口座開設料と口座管理料

PayPay証券は無料で口座開設を行うことができます。

開設した口座の管理も無料なので、開設と意地にはお金がかかりません。

投資してみたいけどなんとなくまだ投資もよくわかってないし•••という人もとりあえず口座を開設してみるという第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

なかなか踏み出せずに結局投資をしないでズルズルと時間だけがすぎていく人も多いです。

開設や維持には一切お金がかからないので、まずは一歩踏み出してみるというのは重要ですよ。

PayPay証券の入出金手数料

PayPay証券は証券口座への入金と出金の際に手数料が発生します。

入金手数料についてはあなたが使っている銀行の手数料に依存します。 あなたがお使いの銀行に確認を行ってください。

出金手数料は金額と、振込先の銀行により手数料が異なります。

POINT
  • 出金額が3万円未満の場合 みずほ銀行宛 110円(税込) それ以外 275円(税込)
  • 出金額が3万円以上の場合 みずほ銀行宛 220円(税込) それ以外 385円(税込)

みずほ銀行への出金がお得ですね〜

注意点としては証券口座の名義人と同じ名義の口座にしか振り込みができません! 必ず証券口座と同じ名義の銀行口座に振り込みをするようにしましょう。

またソフトバンクカード、ドコモ口座への出金は無料となっています。

PayPay証券の売買手数料

PayPay証券は米国株と日本株、つみたてロボ貯蓄で手数料が異なります。

国外上場有価証券(米国株)の売買手数料

国外上場有価証券、つまり外国株を購入するときの手数料は時間帯によって変わります。

1. 現地時間の9:30~16:00(日本時間の23:30~6:00) 0.5% 2. それ以外の時間 0.7%

投資をする金額が高ければ高いほど手数料も高くなっていきます。

さらに為替レートも気にする必要があります。 為替レートは日本円をドルに替えるときにいくらになるかってやつですね。 これはPayPay証券が市場のレートの動きを見て為替レートを決定しています。 買付けの場合はこの為替レートに+35銭 売付けの場合はこの為替レートに-35銭 が加算されます。

1ドルあたり35銭の手数料が売る時も買う時もかかってくると思っておけばOKです。

国内上場有価証券の売買手数料

国内の企業の株を売買するときの手数料も時間により変わります。

平日の9:00~11:30, 12:30~15:00  0.5% それ以外の時間 1%

米国株と同じように買い付けをする金額が高くなれば高くなるほど手数料が高くなります。 また、時間外の売買では手数料が倍になってしまうので注意しましょう。

つみたてロボ貯蓄の売買手数料

自動での買付け、売付けはあなたが設定した日から日付が変わった後に米国市場で最初に取得した株価が参考にされます。

買付け、売付けともに0.5%の手数料がかかります。

そこに為替レートが影響してきますが、1ドルあたり35銭が上乗せになります。

基本的には外国株を買う時と手数料は同じですね。

基準となる株価のタイミングが異なってくるので注意が必要です。

他のネット証券などに比べて、少額の積立では手数料がかなり抑えることができますが、取引金額が高くなってくるとネット証券の方が割安になります。 特に10万円を超えるような取引をする場合はネット証券のほうが手数料をみるとお得です。

元々あまり投資にかけられる資金が少ない初心者向けのサービスです。 私たちのように少額から投資していきたい!という人には手数料的に見ても最適なので、PayPay証券で投資を初めてみましょう!

PayPay証券のメリット・デメリットについて知りたい人はこちらを参考にしてください。

PayPay証券(旧One Tap BUY)のメリットとデメリットまとめ
@やっちょです。投資にかけられる金額が少ない人におすすめのサービスがスマホ証券【One Tap BUY】です。スマホ証券【One Tap BUY】最大のメリットはやはり個別の銘柄を株価以下で購入することができる点でしょう!※OneTapBU

スマホだけで1,000円から投資【One Tap BUY】

コメント

タイトルとURLをコピーしました