ステーキングとは 仮想通貨を安定的に増やす方法

仮想通貨
スポンサーリンク

暗号資産投資というと例えばビットコインなんかを買って、買った時よりも値段が上がった時に売るっていういわゆるキャピタルゲイン狙いの投資をイメージします。

仮想通貨にはキャピタル狙いの投資だけではなく、他にも色々な手法があります。

その中の1つがステーキングと呼ばれる方法です。

ステーキングは自分が持っている仮想通貨を貸し出して、貸し出している分に応じた利息をもらうという方法です。

まぁいわゆる貯金みたいなもんですね。
そんなステーキングがどんなものか紹介していきます。

スポンサーリンク

仮想通貨の貸し出しで利息をもらう

仮想通貨というと、ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨を購入し、価格が上がったら売却をして差額分で儲けるというイメージが強いと思います。
もちろん大きな利益を上げる場合、このようなキャピタルゲインを狙う方法が一般的です。
ですが、ちょっと前だったらまだしも、最近はそんなにビットコインやイーサリアムといった仮想通貨は急激に価値が上がるということはありませんよね。
もちろんマイナーな仮想通貨は上がる可能性もありますけど。

そんなある程度すでに価値が上がっている仮想通貨は貸し出しをして、貸し出し分に応じて利息をもらうという方法があります。
これをステーキングと言います。

私もBinanceでBNBをステーキングしていますが、写真のように毎日一定の量を配布してもらうことができます。

このように安定的に仮想通貨を増やすことができるので、価格の上げ下げに一喜一憂しなくて済む点もうれしいですね。

ステーキング中はチャンスが来ても売れない

ステーキングは安定的に仮想通貨を獲得することができので、とってもおすすめです。
ただ、ステーキングしている間はステーキング中の仮想通貨を売ることができません。

そのため、例えばビットコインが爆上げした場合、チャーンス!!といって持っている分売りたくてもステーキングしている分は残念ながら売ることはできません。

そのためたくさん預けて、その分いっぱい配布をもらおうと思うと、いざ暗号資産の価値が上がったときに売れなくなってしまいます。
チャンスを逃さないために預ける分はほどほどにすることがいいですね。

ステーキングできるサービス

ステーキングは仮想通貨取引所で行うことができます。
国内だとコインチェックとかですね。
私の場合はBinanceと コインチェック 、分散型取引所であるPancakeswapでステーキングを行っています。

コインチェックでのステーキングの方法を"Coincheckで仮想通貨を貸し出し安定して利息をもらう方法とやり方"で紹介しているので参考にしてください。

すぐに売る仮想通貨を売ることがない人は、ステーキングも活用して資産を増やしていきましょう!

ステーキングに関する記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました