ウォレットとは 仮想通貨を入れるための財布

仮想通貨
スポンサーリンク

仮想通貨を利用するうえで、仮想通貨取引所とウォレットという言葉を目にすると思います。

ウォレットとはその名のとおり、仮想通貨を入れておくための財布です。
あなたも現金は財布に入れて持ち歩いているのではないでしょうか。

もしかしたら電子マネー主体で全然財布なんて使わないっす!っていうレベルの人もいるかもしれませんけど・・・。

そのため、仮想通貨を利用するためにはウォレットを用意する必要があります!
ウォレットについてどんなものか詳しくみていきましょう!

仮想通貨を始めるにあたって"仮想通貨投資の始め方 用意するものなどを紹介"で紹介しているので参考にしてください。

スポンサーリンク

ウォレットは仮想通貨を入れるためのお財布

仮想通貨を扱う上で重要になってくるのがウォレットです。
ウォレットは名前の通り仮想通貨用のお財布ですね。

現金を使う人は大半の人がお財布を使っていると思います。
バラバラにお金を持っていると無くしてしまったり、パッと使えなくて不便だったりしますよね。

仮想通貨も同じでウォレットに仮想通貨を入れておかないと、取られてしまったり使いたい時に使うことができません。

まだまだ仮想通貨は投資対象で使うという感覚がないのでイメージしにくいかもしれませんが、手に入れた仮想通貨はウォレットに入れておかないと使うことができません。
そのため、ウォレットが必要になります。

ウォレットの種類は2種類

ウォレットには大きく分けるとホットウォレットとコールドウォレットがあります。
大きな違いはネットに接続しているかしていないかという点ですね。

ホットウォレットはネットに接続しているのですぐに送金などをすることができるので便利です。
そのかわりハッキングなどのセキュリティ的にはリスクがあります。

コールドウォレットはネットには接続されていないので、利便性が落ちますがセキュリティ面は安心です。
大きい金額を管理する場合はコールドウォレットが安心ですね。

どちらがいいということではなく、目的に応じて使い分けるのがおすすめです。

ホットウォレットの種類

ホットウォレットとはネットに接続しているウォレットです。
モバイルウォレットやデスクトップウォレット、ウェブウォレットがあります。

モバイルウォレットはスマートフォンにアプリをダウンロードして使うウォレットです。
仮想通貨をやっているほとんどの人がモバイルウォレットを利用していると思います。

デスクトップウォレットはパソコンにソフトをダウンロードして使うウォレットです。
簡単に送金ができたりとソフトによって機能はいろいろあります。

ウェブウォレットは文字通りウェブ上で管理するウォレットです。
よく使われるwebウォレットにMetaMaskというものがあります。Googleの拡張機能として使えたりとすぐに取引ができるで、webウォレットはとても便利です。
MetaMaskについては"METAMASKとは Chromeで拡張できるwebウォレット"で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

コールドウォレットの種類

コールドウォレットとはネットには接続していないウォレットです。
ペーパーウォレットやハードウェアウォレットがあります。

ペーパーウォレットは紙にパスコードとアドレスを印刷して保管する方法です。
Webとは完全に切り離されるので、大きい額を長期で保管する場合に利用されます。

ハードウェアウォレットはUSBメモリのような物理的なウォレットで、この中に仮想通貨を保存しておく方法です。
専用アプリをダウンロードすれば色々なデバイスからアクセスすることができて、送金などをする際にはハードウェアウォレットのボタンを押さないと認証されないなど使い勝手もよくセキュリティ的にも安心です。

取引所のウォレットについて

コインチェックやbitFlyerなど仮想通貨を売買する取引所にある仮想通貨も取引所のウォレットに保管されます。
私が使っているコインチェックやbitFlyerなどの主要な取引所はコールドウォレットで管理しているので、セキュリティ的には安心感が強いです。

このように取引所のウォレットがホットウォレットなのか、コールドウォレットなのかも取引所を選ぶ基準になるので、ぜひ気にしてみてください。

仮想通貨取引所については"仮想通貨取引所とは 仮想通貨を売買する場所"を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました